多毛症もあるのです

脱毛症に比べるとあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、多毛症という疾患があります。
脱毛症の逆とも言えるでしょう。

脱毛症はストレスやその他の原因でホルモンバランスが崩れたり、栄養不足などが起きる事で、体毛の成長が阻害されたり周期が乱れたりして、毛が痩せ、抜け落ちてしまう症状です。頭髪の円形脱毛症などがよく知られているでしょう。

そして「多毛症」は、遺伝やもともとの体質で起こる「特発性多毛症」というものと、女性の卵巣に異常が起こることから男性ホルモンの分泌が活発になって体毛が増えてしまう「多嚢胞性卵巣症候群」と呼ばれる2種類があります。

勿論原因は一つではなく複合的であったり、薬の副作用や身体のどこか別の場所の異常であったりもしてひとくちにはまとめられませんが、その年齢の平均的な体毛に比べてはるかに量が多ければ多毛症であると診断されます。

この多毛症の場合は、手足にも毛が多くなる場合があり、必ず足脱毛をした方がいいと思います。

この場合に治療として脱毛を行うのであれば、保険が適用されます。
毛が多すぎるというのは、単純に個人差だと思ってしまう方がほとんどだとは思うのですが、女性で余りにも腕・脛・脇・陰毛等の「性毛」の量の多さが気になる方、ヒゲが生えている方などはホルモンの影響が考えられます。

もしそうであれば診察を受けて多毛症になっていないか確認をする、そして保険適用内で脱毛を受けるということも可能ですので、検討してみてください。